ランドセルの始まり

今や日本の小学生のトレードマークともいえるランドセルですが、日本でランドセルを使い始めたのは、一体いつ頃からなのでしょうか。

実はその歴史は意外に古く、江戸時代の幕末にさかのぼり、西洋式の背嚢を軍隊で使用したのが始まりと言われています。

その後、明治時代に学習院で通学用に指定され、明治20年ごろに伊藤博文が大正天皇の御入学のお祝いに献上するために特注で作らせた箱型のランドセルが、今のランドセルの原型となっているようです。

しかし、その当時はまだランドセルは都市型のものあり、地方では風呂敷などで教科書を包んで持ち運ぶというのが一般的だったので、全国的に使用され始めたのは昭和30年ごろになってからでした。

そして、この『ランドセル』という名称の語源は、「背嚢」と言う意味のオランダ語が「ランセル」と言うので、それがなまって『ランドセル』になったと言われています。

また現在では、ランドセルの素材も本革より軽い人工皮革が人気があり、ピンクや水色などのカラフルなランドセルも数多くあり、更に可愛らしいデザインや刺繍の入ったものが人気となっていて、黒と赤が主流であった頃とはランドセル事情も大きく変わってきているようです。(※最近のランドセル事情:ランドセル相談室)